| イントロダクション | Moriya Familiaとは〜 | 写真展概要 | ショートムービー概要 | メンバー | リターンの内容 |

イントロダクション

2014年8月に写真家・末光美幸による Moriya Familia(モリヤファミリア)がモデルの写真展を開催。 同時に、写真展にてメンバー七人で自主制作した製作費2万円のショートムービーを上映。お客さんの反応は・・・。

大好評!!!

第二弾の開催が決定!
次は規模と製作費を広げ、更に面白くして開催しよう!という経緯で、クラウドファンディングで制作・展示費用を募ることにしました!

Moriya Familiaとは〜

俳優・モデル・ミュージシャン・Photographer・映画監督・芸人・ダンサーで構成される若きクリエイター集団。

Twitter:https://twitter.com/moriya_familia

Facebook:https://www.facebook.com/pages/Moriya-Familia/290760174441740

現在の進行状況

12月6日現在では、short film撮影はもう既に終えています。
本来はクラウドファンディングで目標金額を達成してから撮影するのが基本の形かもしれませんが、僕らMoriya Familiaはそんなゆっくり待つほど、心が寛大ではありません。
映画が好きで、映画が作りたくて、カッコいい写真が、面白い写真が撮りたくてウズウズしているので、「GO!!」サインはとっくに出ています!
ファミリアと新しいスタッフで巻き起こる化学変化は
時にクールで、
時にバイオレンスで、
時にシュール。
強烈に面白い物になりそうです。いや、なってます。

さて、写真の方はまだまだ進行途中です。
が、一発目がかなりCRAZYYYYY!
Photographerは鈴木ゴータ。
父が歌舞伎役者という事もあって、ファミリアを隈取りメイク&着物で撮りました。

金曜夜の六本木をひっくり返してきました。
そして、若き才能溢れる注目の平成生まれphotographer 「MONSTER@LESLIE KEE」こと高橋優也!

撮影中、何が綺麗か分からないけど、「綺麗!」と叫ぶ優也くんの感性は僕ら一般人を見事に置き去りにし、一人楽しく感激していました。
しかし、
「なるほど。」
あの世界的に有名なPhotographer・LESLIE KEEから「MONSTER」と称される理由が理解出来ました。
おっと!
ファミリアも負けてないですよ。
こういうヤンチャな撮影は中ニ病の僕らは大好きなので、追いつく為に必死に取り組んでました。

残すPhotographerは5人。
写真は映画とは違って、Photographerとの同じベクトルで進む共同作業。
お互いの主張を出しすぎず、出さな過ぎす。良い塩梅で仕上がった時の興奮は「気持ちイイッ!!」の一言に尽きます。
やっぱ、モノ作りはやめられないです!
そうだなー。
例えるなら、呼吸するのと同じような事です。
なんてね。笑
さて、今日も撮影、いってきます。

マエダケン

室田です。
撮影がほぼ終了し、現在は編集段階に入っています。
期間内に予告編をアップ致します。出来次第、アクテビティにてご報告いたします。
ファミリアメンバーに、ゲスト俳優に、制作陣までもが暴れまわるエネルギッシュな撮影でした。爆発的なエネルギーが画面を通して伝わってくる、オトコくさく、ダサかっこいいカルト作品に仕上がる予定です。楽しみにしていてください。
そして並行して進行中の写真作品制作。こちらも、かな~り面白い物になってます。歌舞伎作品と、モンスター作品。どちらもクレイジーで、Moriya Familiaの新しい顔を見て頂けることと思います。乞御期待!!

【写真展概要】

「7/7 〜ナナフンのナナ〜」
7人の Moriya Familiaと7人の Photographerの合同展示会

個性派の写真家たちとMoriya Familiaはどのような融合を魅せるのか…!?

Photographer

HASEO (http://haseo.vivian.jp/
安田慎一 (http://studioshin.jp
鈴木郷太
MONSTER@LESLIE KEE(高橋優也)
Alex
荒幡信行(http://caramel-dragon.com/
石本一人旅

Place

下北沢バロンデッセ近辺(http://ballondessai.com/

Date

2015年1月予定

【リーダー挨拶】

写真展企画・リーダー マエダケン

皆様はじめまして。

Moriya Familia(モリヤファミリア)リーダーのマエダケンです。

今回の企画は、映像・写真の制作。
そして、展示・上映です。
その中で私は写真作品の制作、写真展の企画を担当しております。

今回の写真展では、7人のPhotographerをお呼びし、
私たちMoriya Familiaの7人を撮ってもらうというものです。

個性的な7人のカメラマンと、これまた個性の強い7人のモデルの融合を存分に楽しめると確信しております。

御協力お願いします。

マエダケン

【ショートムービー 概要】

Shoot ~Moriya Familia~ Part1 の続編を制作する構成として、Part1を第一章、Part2を第二章、第三章とし、 最終的に一本の、三章構成の映画として上映する予定

・Shoot ~Moriya Familia~ Part1

予告編

本編

【あらすじ】

借金取り立て代理屋の三人組は、この日最後の取り立て業務へと向かう。 風俗店員二人組は、店の女の子に本番行為を強いたある男を取り締まりに向かう。 ある殺し屋は、この日の案件をこなし、謝礼を受け取りに依頼人のもとへと向かう。 歌唄いは、路上ライブ中、殺し屋の現場を目撃し、謎を残しなからも、その殺し屋の跡をつける。 しかしすべては仕組まれた出来事であった… 悲劇を迎える7人のストーリー、第一章。

【 概要 】

総製作費 ¥20,000
制作・出演を Moriya Familia で行った作品
2014年夏に開催したMoriya Familia の写真展にて上映、好評につき続編が期待されている。

・Shoot ~Moriya Familia~ Part2

【あらすじ】

Shoot ~Moriya Familia~ の第二章と第三章
事件後、散り散りになったメンバーに、更なる危険が迫ってゆく…!
7人の過去と現在にフィーチャーしていく構成となっており、徐々に事件の真相が明らかになっていくストーリー。
「ミヤモト」とは一体何者なのか…!?
メンバーの運命とは…!?

【 概要 】

Part1 からさらに規模を広げスタジオ使用を撮影に取り入れる。
また、カメラマン、録音には以下の専門のスタッフを迎える。

<カメラマン>

Poko
写真家、ムービーカメラマンとして活躍。ぽっちゃり女性を愛する、ぽっちゃり女性専門写真家として知られる。
HP:http://www.minoli-do.com/

<録音>

谷口航季
城西国際大学4年生 舞台制作、映像制作を学び、現場経験も踏みながら、演者としても活躍。
主な活動経歴
演出助手:『旦那 er'sHigh!!』『パン屑の道しるべ』
脚本・演出:舞台『ナツノオト』
映像制作:『冬の花火』(韓国東西大学共同作品)
自主制作:『サヨナラ、ジブン』(監督作) 『無何有』(監督作) 舞台出演:『B-baby』『東京俳優市場』『東京ポップシップ』『ニジーローモーチャー』
映像出演:『なぞの転校生』

上映場所

下北沢バロンデッセ近辺(http://ballondessai.com/
その他映画館 (決定次第掲載予定)

Date

2015年1月予定

【リーダー挨拶】

映画制作企画・リーダー 室田晋
皆様初めまして、 この度、Shoot ~Moriya Familia~の監督を務めさせていただきます、室田晋です。

映画が好きで、映画が撮りたい。
こんな単純な思いで、自主でショートムービーを撮っています。
専門の知識もなく、力ずくで撮りはじめた感覚ですが、
見事に夢中になってしまいました。 作る事の難しさを実感するのと同時に、
こんなに楽しいことがあったのだと感動しました。
Moriya Familia というとても魅力的なメンバーに出会い、 彼らへの宛書という形で、ショートムービーの脚本を制作し始めたのですか、 どうしても、ショートムービーという時間の枠に収めることかできませんでした。 そこで、Moriya Familia 一作目を、第一章という形で一回目の写真展にて上映しました。
上映するときは緊張で手が震えました。笑
あんなに汗をかいたのは生まれて初めてでした。
しかし、続編が気になる!観たい!という声があがりました。

GOサインだと思いました。

制作技術という面で課題が多くあることも感じていました。
手弁当で作ったものだし、仕方がない…、そんな風には片づけたくないと思いました。

そんな思いで、次作からは、専門のスタッフに参加してもらいながら、もっともっと
こだわって制作するために、資金を募らせていただく事に致しました。
誰のためでもない、ただ映画を作りたいというエゴではございますが、
Shoot ~Moriya Familia~の完結に、
皆様のご協力を頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

東京工業大学 社会工学科3年 室田晋

予算

会場費 ¥30,000
写真制作費 ¥105,000
  (内訳)
スタジオ代 ¥105,000(= ¥15,000×7回)
プリント代/額縁/etc ¥0(自費)
映画制作費 ¥240,000
  (内訳)
カメラモニター ¥50,000
撮影用台車 ¥20,000
その他、撮影機材周辺機器(バッテリー、メモリーなと) ¥40,000
撮影スタジオレンタル費用 ¥100,000
美術(血糊、モデルガン、衣装 etc) ¥30,000
リターン郵送費 ¥15,000
クラウドファンディング掲載費 ¥97,500
合計 ¥487,500

Moriya Familia について

2013年11月。
全てはマエダケンの無茶振りから始まった。
「朝5時に歌舞伎町集合」
と呼び出し、写真撮影をしたのがきっかけ。

撮影したのは、イケメンハンター 「末光美幸」 。
この第一弾の写真は月刊デジタルファクトリーにて掲載中。
「SHOOT Moriya Familia」
http://digital-gekkan.jp/pip/865948/pp1/gdfpb00208/index.html

不思議と意気投合した撮影
撮影後、皆で改めて自己紹介をしあいました。
それぞれが多様な職業・目標を持っていました。

それぞれが力を発揮し、団結して
自分たち主体で発信していくことができるのではないか…。

映画&写真製作を即開始。
脚本、カメラ、音声、監督、役者を全て自分たちで担いました。

そして2014年8月
9日間に渡り、自分たちがモデルの写真展+自分たちで作った映画の上映会を開催し、作品を展示しました。
連日大盛況で、作品も、好評を得ることができました。
もっとできる、と自信を持ち始めました。

今ではチーム一丸となって映画の製作、写真撮影をして、互いがそれぞれの異なる個性をぶつけ合いながら、全く新しい自分たちのスタイルを確立していっています。

メンバー

マエケン /企画:代表者

若月勇太 (ワカツキユウタ)

さき(サキ)

大塚 航二朗(オオツカ コウジロウ)

三澤亮介 (ミサワ リョースケ)

室田晋 (ムロタ シン) /企画:代表者、監督

 

 

リターンの内容

500円支援(数量制限無し)

・お礼のメール

1,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ

1,500円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・写真集(Part1)

3,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)

5,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)
・写真集(Part2)

7,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)
・サイン入り写真集(Part2)

10,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)
・サイン入り写真集(Part2)
・7人のポスターまたは指名のメンバー個人のポスター

15,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)
・サイン入り写真集(Part2)
・7人のポスターまたは指名のメンバー個人のポスター
・映画DVD
・メンバーのメッセージ入りフォト

30,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)
・サイン入り写真集(Part2)
・7人のポスターまたは指名のメンバー個人のポスター
・映画DVD
・メンバーのメッセージ入りフォト
・Moriya Familia舞台招待(詳細は近日更新します!)

50,000円支援(数量制限無し)

・お礼のメール
・今企画の7人の展示写真データ
・メンバー全員のサイン入り写真集(Part1)
・サイン入り写真集(Part2)
・7人のポスターまたは指名のメンバー個人のポスター
・映画DVD
・メンバーのメッセージ入りフォト
・Moriya Familia舞台招待(詳細は近日更新します!)
・エンドクレジットにお名前を掲載
・打ち上げ参加(東京にて。参加費用込。交通費はご負担下さい。)

 

特定商取引法に基づく表記

事業者
室田晋
運営責任者
室田晋
住所
〒154-0002 東京都世田谷区下馬1-5-3ベントーレ三宿302
連絡先
電話:準備中
moriya.familia@gmail.com
販売価格
各プロジェクトに表記された価格。商品等の送料は、原則として請求致しませんが、詳細については各プロジェクトの表記をご確認下さい。
引渡時期
募集期間満了日に代金支払が確認できた時点で引渡しが完了するものとします。コンテンツホルダーは集まった資金を元手にリターンをサポーターに提供する義務を負います。引渡時期はリターン欄の記載に準じます。
購入可能な範囲
日本国内に限ります。
注文方法
インターネット
お支払方法
クレジットカードによる支払い。
支払時期
クレジットカードによるお支払いは、各プロジェクトで定める募集期間内に各プロジェクトで定める目標金額が達成された場合に募集期間の満了と同時になされることとします。コンテンツホルダーは集まった資金を元手にリターン(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。」リターン(商品・サービス)の引渡時期は、リターン(商品・サービス)欄の記載に準じます。
引渡日時
各リターンについて、原則として2015年の写真展終了後を予定しております。別途メールにてご案内さし上げます。なお、お礼メールについては期間満了後、またエンドクレジットは映画公開時を予定しております。
商品代金以外の必要料金
送料無料でお届け致します。交通費がかかるリターンに関してはサポーター様ご自身でご負担下さい。
返金・キャンセルについて
商品等に瑕疵がある場合は、その受領後7日以内に限りキャンセルをお受け致します。それ以降のキャンセルの受付は一切お断りさせて頂きます。商品等に瑕疵がない場合は、キャンセルの受付は一切致しません。